カテゴリー: 買い出し

羽釜

ここ数ヶ月は、おむすびといなり寿司の事ばかり考えている。

キッチンわたりがらすで、朝食を始めるからだ。完全予約制で出来立てを御用意する。イートインではなく持ち帰りか配達のみ。

主役はお米。おむすびって最高の食事だと思う。シンプルだからこそ素材の旨さや握り方、気持ちすらも味になる気がする。半分は炊飯器の能力次第。かねてから欲しかった鉄釜と重い蓋がやってきた。炊き上がりを追求すると答えは羽釜だった。

お櫃と寿司桶

美味しいごはんが食べたい。

誰でも簡単に炊けるお米ですが、とびっきり旨いご飯を炊きたいといつも思う。

先ずは育ちの良いお米。何十年も無農薬栽培を続けている農家さんを見つけて年間契約をした。2000キロを超える。お米を買うのは簡単だけれど、保存しておく場所に今だに課題がある。

米は鮮度。やっぱりつきたてが良いよね〜。農家さんが使う業務用で赤色の精米機を購入。

業務用電気炊飯器は炊き上がりに不満だった。大鍋で直火で炊いたら中々の仕上がり。鍋の材質がアルミなのは気に入らない。置く場所があれば、100人前を炊ける南部鉄の羽釜や土鍋を特注したいところだ。

電気炊飯器の保温は頂けない。炊き立てはふっくらとしてるけど、少し時間が経つと下の米が潰れて無残にも餅の様になってしまう。余分な水分がこもってしまうためだ。ずっと頭を悩ましていた。救世主が現れた。職人さんが作った木桶だ。炊き立てを10分入れるだけで、余分な水分を木が吸い込み粒が際立つ。それも大量のご飯全体がイイ感じ。今まで何で気がつかなかったかが悔やまれるが、最高の仕上がりだ。

3升入るお櫃。15寸の寿司桶。

お箸

お箸の香りってあるんだ。

お箸って木を削り出したもの、そんな当たり前の事を清々しい木の香りで思い出した。

キッチンわたりがらすの箸は郡上八幡から来ている。森をに想いを馳せる若者達がお箸屋さんを始めた。そんな想いがのる箸をお弁当のお供に渡せるのが嬉しい。

民藝っていいね

 素焼きのような脆い質感が好きだ。

大きな大きなお皿にどっさり料理を盛り付けたい。見たことがないくらい大きさや大量の料理って、何だか楽しい。40センチ程あるお皿だけれど、もっと大きなお皿が欲しい。

  アフガニスタンの民藝
  韓国の民藝

佐渡の酒蔵

やっぱり好きだな〜。

13年前に佐渡島で感激した酒にまた会いに来た。金鶴と新稜。どちらも旨い。飽きがこないのは金鶴かな。 

    
 

美味しい干物

真鶴に社会科見学に来ています。

滅茶苦茶こだわりの干物。

独学で丁寧な作りで、塩加減は甘く、脂臭や生臭さもない。とっても美味しいのと手頃な値段。

その旨さを追求する余り、なんとなく生活バランスの悪い感じが共感してしまう。 

    
 

きの子を採りにブナ林

IMG_1680-0

IMG_1685

山形県鶴岡にある月山。山伏が修行する出羽三山のひとつで、ブナの原生林が広がる。広葉樹の森は豊かで、どんぐりなどの木の実があり、それを求めて猪や熊の野生動物も集まる。そして不思議なきの子は、倒木等を菌で腐敗させながら成長し、森の生態系を循環させる。人知れず出てきて数週間したら腐っていく。

月山の山小屋亭主でもあり山の達人芳賀さんとブナの森を散策した。黄色に色ずいた葉がはらはらと舞う中でのんびりときの子探し。なめこ、ブナのシメジ、クリ茸、網茸など天然きの子がいっぱい。
達人が営む山小屋は、車で直接行けず山を登らないと辿りつけない。ここで出される食事はほぼ山からの恵みだけで作られている。きの子の水煮だけで1000本近く毎年作るそうだ。山菜も同じく作り保存。塩蔵よりも美味しく保存出来るのは魅力だけど手間がかかる。さらに天然材料を採取するために、山に入り続ける。こんな材料を食べられる山小屋は、ぜひ行ってみたい。摘み草料理屋をいつか開いてみたいと夢みる自分としては、憧れの存在です。

IMG_1686-0

IMG_1698

八戸の台所

20131001-022251.jpg

20131001-022303.jpg

八食センター
巨大な市場は、沢山の人で溢れてる。
今が旬の魚介類。
秋刀魚、鯖、雲丹、蟹、キンキン、イカなどなど。これからアンコウやタラが美味しくなる季節。
青果では、天然の茸がでていた。
豊かな自然の恵みを感じられる場所です

盛岡

20130922-164623.jpg

20130922-164757.jpg

20130922-164809.jpg

盛岡の光原社に行って来ました!
中庭と珈琲屋さんがステキです。
国内の民藝はもちろん、海外のテキスタイルや家具も生き生きとしたセレクト。

店主のこだわりを感じる珈琲もちらほら見かける。深みのあるお店がある所は、文化的な人々が多く住んでいるんだと思う。

20130922-170654.jpg

包丁屋さん

20130302-042651.jpg
いつぶりだろう。
亀戸にある包丁屋さんにメンテナンスに訪れた。
ここの職人さんは、気持ちがいい。
仕事はきっちり真面目にしているのが、伝わってくる。
研ぎ直して新品のように戻ってくる。切れる包丁は最高だ。